ホーム > 現金化 > クレジットカードのブランドと傾向

クレジットカードのブランドと傾向

素早く必要な現金を用意することができる方法として、クレジットカードの現金化は浸透してきています。

キャッシングの様に審査はありませんし、誰かに知られたりすることなく進めることができるのも、クレジットカードの現金化のメリットでしょう。

 

このクレジットカードの現金化に使えるクレジットカードは、基本的にどんなものでも大丈夫です。

ただし、商品を購入する先によっては、使えないことが出てくることを知っておかなければ、いざというときに使えないかもしれません。

 

日本で使うことができるクレジットカードは5種類になります。

一般的には国際ブランドとして知られているものであり、これらであればほとんど心配はいりません。

 

種類としては、VISAが最も有名で、シェアも世界1です。

対抗馬になるのがMaster Cardでしょう。

世界規模のブランドであり、ヨーロッパで人気があります。

 

日本のブランドとしては、JCBが有名でしょう。

国内のショップであれば、まず使えないことはありません。

ただし、オンライン決済では弱い部分も持っています。

 

高級志向で行くのであれば、AMERICAN EXPRESSが知られています。

日本国内では使うことができないところもありますが、アメリカでは主流といってもいいでしょう。

同じ高級志向ということでは、Diners Clubも国際ブランドといえます。

 

この5つのカードであれば、あまり困ることはないでしょう。

確実ということで考えれば、VISAMaster CardJCBといったところになるはずですので、そういったブランドを選択しておくと安全です。


タグ :

関連記事

金融資産って具体的に何を指している?
金融資産って、何だか難しい言葉のように感じますが、果たして何を指しているのか分か...
クレジットカードのブランドと傾向
800x600 Normal 0 0 2 false fal...