ホーム > 健康 > 水素水の作り方

水素水の作り方

水素水に含まれる水素には体内の活性酸素と結合しやすく、これを無毒化する効果があります。そのため健康法として紹介されたり、美容やダイエットのためにいまでは多くの人によって使用されています。ではどのようにして作ればいいのでしょうか。

 

自分で水素水を作る方法にはどのようなものがあるでしょうか。マグネシウムスティックを使って水道水から作る方法、そして電気分解装置を使って生成する2通りの生成法がメジャーです。

 

マグネシウムスティックを使った生成法は化学反応を利用して水素水を作ります。やりかたは簡単で、水道水と一緒にペットボトルに入れておくだけというものです。このときに注意することは、できるだけ純度の高いマグネシウムをもちいたスティックを使うこと、そしてペットボトル内に余分な空気が入らないように水をこまめにつぎ足すことです。

 

もうひとつの電気分解装置を使った方法は、電気分解で水素を発生させる方法です。装置は価格が高いという難点がありますが、マグネシウムスティックとくらべて不純物のない純粋な水素水を作ることができるのが強みです。また電気分解ではなく水素を直接水の中に溶け込ませるタイプのものもあります。

 

水素水の欠点として長期保存ができないことがあります。水素は水に溶けにくく、すぐに水のなかから抜けてしまいます。でも自分で水素水をつくることができるようになれば、飲みたいと思ったときに好きなだけ作って飲むことができるようになります。コストはたしかにかかりますが、健康への投資として検討してみることをおすすめします。

 

あるいは水素水比較ランキングのおすすめをチョイスして市販されていて既に濃度の高い水素水を買うというのも手間が省けて良いかもしれません。

面倒くさいという方はこちらの方をオススメします。

 

いずれにしても、健康の為にしっかりと水素水を摂取するべきでしょうね。


関連記事

美肌のための紫外線対策
紫外線はメラニンの生成を促してシミやそばかすの原因をつくったり、コラーゲンを破壊...
水素水の作り方
水素水に含まれる水素には体内の活性酸素と結合しやすく、これを無毒化する効果があり...